2014/12/20 23:25

米国・カナダ等で今、韓国・中国が更に進め、ますます酷くなる「慰安婦性奴隷」の捏造宣伝工作。国会議員として対処に取り組めない事が本当に残念です。

《慰安婦問題の国際的影響 明星大教授・高橋史朗》
2014.12.20 産経新聞

 朝日新聞「慰安婦報道」に対する外部有志の独立検証委員会が発足し、朝日報道の国際的影響について検証する作業が始まった。

 この2年間、私は在米占領文書研究の傍ら、全米各地に設置された慰安婦碑・像をレンタカーで1万キロ走行し調査してきたが、碑文には「20万人」「性奴隷」などの虚偽が歴史的事実として刻まれている。米中韓のマスコミや教科書、世界各国の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告書、マクドゥーガル報告書などへの影響についても検証する必要がある。

 米紙ニューヨーク・タイムズは1992年8月に吉田清治証言を長文記事で掲載し、AP通信も同年6月に同証言を世界に向けて発信し、これらの海外メディアの報道と前後して、韓国政府は同年7月、「日帝下の軍隊慰安婦実態調査中間報告書」を発表。同報告書において、吉田の済州島での「慰安婦狩り」が強制連行の証拠として採用された。その後、1996年2月の国連人権委員会のクマラスワミ報告書が、吉田の著作から「千人もの女性を『性奴隷』として連行した奴隷狩りに加わっていた」との内容を引用し、慰安婦を「性奴隷」と認定した。

 また、韓国の現行の中学校歴史教科書は、「20万人」の日本軍慰安婦が「勤労挺身隊」などとして強制徴集され、「性奴隷生活を強要」されたと記述。ある高校歴史教科書は、「天皇は軍隊慰安婦動員の最終責任者として有罪である」として、「日本軍性奴隷女性救済戦犯法廷判決文」を掲載している。

 11月3日付産経新聞が1面で報じた米高校歴史教科書(マグロウヒル社の『伝統と交流』)は、「20万人」の慰安婦が「天皇からの贈り物」として提供された、と記述。さらに、慰安婦の大多数は「朝鮮と中国の出身者」と述べているが、同教科書の改訂前の3版では、「30万人」の慰安婦の「8割が朝鮮出身」と書かれており、根幹的記述の杜撰さが目立つ。

 在米日本人高校生によれば、「90歳以上の元日本兵」の証言動画を視聴させられたという。クラスの生徒たちは「ああ神様。なんてひどいことをしたの。日本兵は野蛮」と口々に言い、教師は「特に韓国の女性は、日本兵に無理やり慰安婦にされていた。そんなこともあり、だから日本はアジア中から嫌われているのだ」と説明した。この高校生は「2時間続いたこの授業の9割は下を向いたまま聞いていた。悲しい気持ちになったのと、日本という国が恥ずかしいという気持ちが入り交じった。クラスの皆に自分は“そういう国の血を引く日本人”という目で見られている気がした」という。

 そして「(慰安婦が天皇からの贈り物という)文をクラスで読んだんだよ。どれだけ屈辱的な気持ちになったか…韓国や中国は日本の教科書の内容に文句を言っているのに、なぜ日本は他国の教科書について調べないのか」と指摘した。

 今秋オープンしたカナダの人権博物館では、1992年の朝日報道を画像で示しながら、専門家による慰安婦問題に関するプレゼンテーションが行われており、同問題などを契機に中高生へのいじめが起きている。カナダとアメリカ在住の日本人から多くのいじめの事例を聴取したが、今後、こうした誤った慰安婦展示への影響についても検証していきたい。

【プロフィル】高橋史朗 たかはし・しろう 埼玉県教育委員長など歴任。明星大学教育学部教授。男女共同参画会議議員。

http://www.sankei.com/life/news/141220/lif1412200017-n1.html

事務所よりご案内