2014/12/16 23:06

相変わらずNHKは、我が党の石原最高顧問が、今回の衆院選で自ら比例東京ブロックで名簿最下位の順位とし、後進に議席を譲る決意であった事について、衆院選に於いて異例のニュース性の高い事実であったにもかかわらず、「報じない自由」を行使しました。この様にして、石原最高顧問の「滅私」の行為を只の引退ニュースとして報じ、「次世代の党」に好感や関心・注目が集まらない様にします。

《石原慎太郎氏が政界引退を表明》
2014.12.16 NHK

次世代の党の石原最高顧問は日本記者クラブで記者会見し、今回の衆議院選挙で議席を得られなかったことを受けて、「引退を決心した。仲間への義理は果たせたと思うので、晴れ晴れとした気持ちで政界を去れる」と述べ、政界を引退する意向を表明しました。

この中で、次世代の党の石原最高顧問は、今回の衆議院選挙で次世代の党が2議席にとどまったことについて、「次世代の党という党名が浸透しにくかったことと選挙までの時間がなかった」と述べました。
そのうえで、石原氏は、みずから比例代表の東京ブロックに立候補したものの議席を得られなかったことを受けて、「引退を決心した。解散をきっかけに引退するつもりだった。仲間への義理は果たせたと思うので、晴れ晴れとした気持ちで政界を去れる」と述べ、政界を引退する意向を表明しました。
また、石原氏は、これまでの政治活動について、「参議院議員から始まり、衆議院議員を務め、東京都知事にも就任して、できるだけやったつもりだ。歴史の十字路に何度か自分の身をさらして立つことができたのは、政治家としても物書きとしても、非常にありがたく、うれしい経験だった」と振り返りました。
そして、石原氏は「心残りは、憲法が1字も変わらなかったことだ。今後は、国内外の若い芸術家を育てる仕事をしていきたい。言いたいことを言い、やりたいことをやって、人から憎まれて死にたいと思う」と述べました。
石原氏は、昭和43年の参議院選挙で初当選し、参議院議員を1期、衆議院議員を9期務め、運輸大臣などを歴任しました。
平成11年からは東京都知事を務め、有害物質を排出するディーゼル車の規制などに取り組みました。
そして、東京都知事を4期目の途中で辞任し、おととしの衆議院選挙で、日本維新の会から立候補して国政に復帰し、ことし8月からは次世代の党の最高顧問を務めていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141216/t10014025461000.html

事務所よりご案内