2014/11/25 14:16

事務所よりご案内



韓国人は住職でも仏像を窃盗する。私は、従来より「国境地域特別措置法」の制定を提起しています。外国が領土要求をしている紛争懸念地域については、当該国民の入域と活動を制限する、というものです。具体的には、韓国が領土要求をしている対馬、中国が「琉球回収工作」を行っている沖縄県の指定が必要だと考えます。

《また対馬で仏像窃盗、韓国人住職ら4人を逮捕 警察官が港で職質、経典も所持》
2014.11.25 産経新聞

 長崎県警対馬南署は24日、同県対馬市の寺から仏像を盗んだとして、窃盗の疑いで韓国人の男4人を逮捕した。うち2人は容疑を否認しているという。

 対馬南署によると、逮捕されたのは、韓国の寺の住職の金相鎬(70)、農業の金溶晃(54)、会社員の李哲佑(47)ら4容疑者(職業はいずれも自称)。

 韓国人4人の逮捕容疑は24日午前10時~午後1時50分ごろ、対馬市美津島町の寺から銅製の仏像を盗んだとしている。仏像のほか複数の経典も持っており、対馬南署は関連を調べる。

 対馬南署によると、仏像は高さ約11センチの「誕生仏」で、対馬市指定の有形文化財。24日午後2時ごろ、対馬南署に住職の男性から通報があった。その後、署員が対馬南部の厳原港で男4人を見つけ職務質問。所持品から仏像が見つかったため逮捕した。

 平成24年10月には対馬市の神社と寺から盗まれた仏像2体が韓国に持ち込まれた。うち1体の県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」について、韓国中部の大田地裁が翌年2月、日本への返還を差し止める仮処分を決定した。
http://www.sankei.com/west/news/141125/wst1411250008-n1.html