2014/10/27 3:23

事務所よりご案内



《どの発電方法が一番安い?民間試算で最安は…》
2014.10.26 読売新聞

 エネルギー問題を研究する民間研究機関「地球環境産業技術研究機構」(理事長=茅(かや)陽一・東大名誉教授)は原子力発電や再生可能エネルギーなどについて、それぞれどれくらいの発電コストがかかるかの試算をまとめた。

 1キロ・ワット時あたりで石炭火力発電が7・8円で最も安く、原子力発電が8・0円と続いた。

 原発は、事故が起きた場合の賠償などにかかる費用を上乗せしても8・4円にとどまった。

 一方、再生可能エネルギーは、メガソーラー(大規模太陽光発電所)が30・6円、風力が21・2円と割高だった。メガソーラーは、2013年度は36円(税抜き)で買い取られており、このうち、業者が受け取る利益は約6円となる計算だ。機構は「一部の再生可能エネルギー業者に過大な利潤がもたらされ、利用者が負担を負う形になっている」と指摘している。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141025-OYT1T50135.html