2014/09/07 7:48

事務所よりご案内



国連安保理非常任理事国として発言権を確保する事は重要です。ある二国は非常に嫌がるでしょうが。バングラデシュが立候補を取り下げ、日本支持を表明した事に感謝します。ハシナ首相は、父・ラフマン初代大統領が国旗を「日本の日の丸を参考にした」 と証言した方です。

《日本、非常任理事国当選確実に バングラ不出馬、安倍首相に表明》
2014.09.06 産経新聞

 【ダッカ=桑原雄尚】安倍晋三首相は6日午後(日本時間同日夕)、南アジア2カ国歴訪の最初の訪問国バングラデシュに到着し、首都ダッカの首相府でハシナ首相と会談した。ハシナ首相は来年10月の国連安全保障理事会非常任理事国選挙への立候補を取り下げ、日本を支持すると述べ、安倍首相は謝意を示した。両国は非常任理事国選でアジア太平洋枠の1議席を争っており、日本の非常任理事国当選が確実となった。

 首脳会談後の共同記者発表でハシナ首相は「非常任理事国選で日本支持を喜んで宣言する。バングラデシュの立候補は取り下げる」と表明。安倍首相は「ハシナ首相が両国間の歴史的に良好な関係を踏まえて立候補を取り下げ、わが国への支持を決断したことを深く感謝し、高く評価する」と語った。

 会談では、安倍首相が積極的平和主義の意義と集団的自衛権の行使容認に関する閣議決定を説明したのに対し、ハシナ首相は日本の取り組みに歓迎の意を表明。両首脳は来年前半に外務次官級協議を実施することで合意した。「ベンガル湾成長地帯構想」に基づき、都市高速鉄道やエネルギー安定供給など4分野で協力を進めることでも一致した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140906/plc14090621180014-n1.htm