2014/09/07 5:17

事務所よりご案内



クロマグロの保護と持続可能な利用の為、日本が科学的な根拠に基づきクロマグロ漁半減を提案、利己的で合理性のない韓国の抵抗を押し切る。世界の為に良かったです。後は如何に遵守させるか、そして東太平洋でも合意できるかです。

《日本のクロマグロ漁半減案、抵抗韓国を押し切る》
2014.09.05 読売新聞

 太平洋クロマグロの漁獲制限を話し合う「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の小委員会は4日、参加する9か国・地域がそれぞれ2015年以降の未成魚の漁獲量を02~04年の平均より半分に減らすことで正式に合意し、閉幕した。

 科学的な根拠に基づく日本の提案が、半減に抵抗する韓国を押し切った格好だ。さらなるマグロ資源の回復には、東太平洋でも合意できるかが焦点となる。

 会議の議長を務めた農林水産省の宮原正典顧問は終了後の記者会見で、合意した半減目標について、「他の選択肢はなく、韓国も受け入れざるを得なかった」と強調した。

 関係者によると、韓国の出席者は、「サバの巻き網漁でもマグロがとれてしまうので、目標達成は難しい」と主張。「マグロ漁は昼、サバ漁は夜の操業が一般的なので混じることはない」と日本側に矛盾点を指摘されると、答えに窮したという。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140905-OYT1T50058.html