2014/09/01 3:29

読売新聞の朝日「慰安婦」報道検証。28日の朝日新聞朝刊の記事について、識者の批判を伝えています。政府が河野談話を出さざるを得ない状況をつくった朝日報道に責任の一端がある、日本政府に国家賠償を求めた国連のクマラスワミ報告は朝日が大量に報じた『吉田証言』を引用している、等。

《慰安婦問題「核心変わらず」…朝日が記事掲載/識者から批判の声》
2014.08.28 読売新聞

 朝日新聞は28日朝刊で、いわゆる従軍慰安婦を巡り「朝鮮人女性を強制連行した」とした吉田清治氏(故人)の証言を報じた記事を32年後に虚偽と判断して取り消したことに関し、「慰安婦問題 核心は変わらず」との記事を掲載した。

 記事では、取り消しを受け「慰安婦問題で謝罪と反省を表明した河野洋平官房長官談話(河野談話)の根拠が揺らぐかのような指摘も出ている」との懸念を示した。その上で、菅官房長官の記者会見や政府関係者の発言を引用し「(河野談話は)吉田氏の証言を考慮していなかった」と記し、談話の見直しは必要ないとの認識を示した。

 河野談話は、韓国との政治決着を目指して作られたもので事実究明は目的でなく、吉田証言を考慮しなかったことは識者らの間ではすでに知られている。談話では、官憲による組織的な強制連行を裏付ける証拠資料がなかった。にもかかわらず、談話発表時の記者会見で、当時の河野官房長官が口頭で強制連行を認めるような発言をしたことなどが問題視されている。

〈世間の疑問に答えず〉
 元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川恵司氏の話
「『吉田証言』と河野談話は別だという朝日の指摘は正しい。しかし、世間一般は、政府が河野談話を出さざるを得ない状況をつくった朝日報道に、責任の一端があると受け止めている。朝日はこうした世間の疑問には何ら答えていない」

〈論点のすり替えだ〉
 拓殖大の藤岡信勝客員教授(教育学)の話
「『吉田証言』がすべての始まりだった。朝日がいかに大量の誤った『慰安婦』報道をしてきたかは、28日の読売新聞朝刊が詳細に検証した通りだ。朝日が、河野談話は吉田証言に依拠しないと主張するのは論点のすり替えだ。日本政府に国家賠償を求めた国連のクマラスワミ報告は吉田証言を引用しており、世界への影響は計り知れない」

http://www.yomiuri.co.jp/feature/ianfu/20140828-OYT8T50152.html

事務所よりご案内