2014/08/13 2:14

最高裁が既に訴えを退けていたが、韓国の憲法裁の違憲判断を受け、原告側が判決見直しを要求、再び却下。ここにも影響が出ていました。

《元慰安婦の訴え再び却下 フィリピン最高裁』
2014.08.12 産経新聞

 フィリピン最高裁は12日、旧日本軍の慰安婦だった女性らが、日本政府への謝罪要求を支持するようフィリピン政府に求めていた裁判で、原告らの訴えを却下した。

 最高裁は2010年5月の判決で既に訴えを退けていたが、11年に韓国の憲法裁判所が元慰安婦の賠償請求について政府が措置を講じなかったのは違憲と判断したことを受け、原告側が判決見直しを要求していた。原告らの訴えが再び退けられたことで、今回の裁判は幕引きとなった。

 原告側の代理人は「残念だ。フィリピンは戦時に強姦を認めるような国になってしまう」と、最高裁の判断を批判した。

 原告の約70人の元慰安婦女性らは04年に提訴。日本が国際法廷の場で公式謝罪することなどを求めてきた。フィリピン政府は原告側の要求を支持せず、人道に対する罪を追及する法的義務を果たしていないと主張していた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140812/asi14081223430004-n1.htm

事務所よりご案内