2014/08/07 18:48

《LINEなどのアプリ遮断は「テロ対策」、中国が韓国に説明》
2014.08.07 ロイター

 [ソウル 7日 ロイター] – 韓国の未来創造科学部は7日、中国当局が「カカオトーク」や「LINE」など無料通信アプリのサービスを遮断していることについて、テロ対策の一環だと明らかにした。

同部によると、中国側がサービス遮断に関して「テロリストらが攻撃を計画・扇動したり、爆発物製造の情報を広めたりすること」を防ぐためだと説明したという。

カカオトークは韓国のカカオが運営。LINEは韓国の検索サイト大手ネイバーが日本を拠点に運営している。未来創造科学部によると、中国国内のユーザーは先月1日以降、サービスが利用できなくなっている。
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPKBN0G708W20140807

事務所よりご案内