2014/07/20 9:20

中国主要行、海外送金事業を中止。マネーロンダリング(資金洗浄)疑惑で。中国ビジネスのリスクがまた一つ顕在化しました。

《中国主要行、海外送金事業を中止か―資金洗浄疑惑で/WSJ》

 中国の主要銀行は、中央銀行の認可を受けた実験的な海外送金事業を中止したもようだ。事情を知る複数の関係者が明らかにした。中国では政府の資本規制があるものの、この制度を利用して多額の人民元を国外に移動することが可能だった。

 関係者によると、中国銀行、中国工商銀行、中信銀行を含む大手商業銀行が同事業を中止した。中国銀行がこの制度を通じて顧客のマネーロンダリング(資金洗浄)をほう助したとする疑惑に関連し、中国人民銀行(中央銀行)が調査に乗り出したことが背景にある。

 中国国営中央テレビ局(CCTV)は先週、中国銀行は顧客が海外への資金移動規制をくぐり抜けられるよう手助けしていたと報じた。報道によると、中国銀行は顧客の資金の出どころを隠すため、海外移住エージェント(支援機関)と協力したケースもあった。

 中国銀行は先週、取引にあたっては資金洗浄を禁止した条項を含め規制上の義務を順守していると述べ、疑惑を否定した。

 CCTVの担当者はコメント要請に応じなかった。

(以下、有料記事)
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303484504580029733984368068


《中国大手銀が元建て海外送金を一時中止、資金洗浄疑惑で=報道/ロイター》

 中国の大手銀行が人民元建ての海外送金サービスを一時的に中止していることが分かった。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が15日報じた。中国では、海外送金によるマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑が浮上している。

 WSJの報道では、中国工商銀行(ICBC)と中信銀行(CITIC)が海外送金サービスを停止したという。2行は約2年前に人民銀から同サービスの認可を受けた。

 事情に詳しい中国銀行(BOC)の関係筋はサービス中止について認め、「BOCは、特に準社員との関係において、同プログラムに経営やリスク管理にかかわる問題があることを認識している」と話した。

 新華社は11日、BOCが海外送金を通じて顧客のマネーロンダリングに携わっているとの疑いが出ており、中国人民銀行(中央銀行)が事実関係の確認をしていると報じていた。

 BOCとICBCの広報担当者との連絡は取れていない。CITICはWSJの報道に対するコメントを拒否した。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FK0BE20140715

事務所よりご案内