2014/07/10 1:56

米世論調査。重要国ー中国42%、日本25%、韓国12%。日本の集団的自衛権行使ー支持47%、不支持14%。同盟国または友好的ー日本75%、中国33%。敵または非友好的ー中国48%、日本10%。米国民から日本は信頼されています。

《重要度では中・日・韓の順 米世論調査、「日本は同盟国」75%》

 最も重要なのは中国-。調査機関ユーガブが8日に発表した米国民の意識調査結果によると、日本、中国、韓国の3カ国で友好関係を維持すべき最も重要な国について、中国と答えた人が42%を占めトップだった。日本は25%、韓国は12%だった。

 ユーガブは「中国を友好国と見なしているわけではなく、経済的台頭が理由とみられる」と分析した。

 安倍政権による集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定は、47%が支持し不支持の14%を大きく上回った。「旧日本軍の残虐行為」に現在の日本国民が恥や罪の意識を「感じる必要はない」と44%が回答。「感じるべき」としたのは31%だった。

 「同盟国または友好的」と日本を見なしている人は75%で中国は33%。「敵または非友好的」としたのは中国が48%、日本は10%だった。

 調査は7月5~7日に全米の約千人を対象に行われた。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140709/amr14070915070011-n1.htm

事務所よりご案内