2014/05/13 6:55

読売新聞の世論調査、集団的自衛権の行使容認が71%(限定容認63%、全面行使8%)。先月の産経FNNの調査では、限定容認64%、全面行使7%の計71%でした。7割以上の国民が現実的な認識を示しています。

《集団的自衛権、行使容認71%…読売世論調査》

 政府が目指す集団的自衛権の行使に関して、「必要最小限の範囲で使えるようにすべきだ」とした「限定容認論」を支持する人は63%に上ることが、読売新聞社の全国世論調査で分かった。

 「全面的に使えるようにすべきだ」と答えた8%と合わせて計71%が行使を容認する考えを示した。行使容認論の国民への広がりが鮮明となり、近く本格化する集団的自衛権を巡る与党協議にも影響を与えそうだ。

 9~11日に実施した世論調査では、限定容認論を選んだ人が前回調査(4月11~13日)より4ポイント上昇した。一方、「使えるようにする必要はない」と答えた人は25%で、前回より2ポイント下がった。

 支持政党別にみると、限定容認論への支持は、自民支持層で7割を超えた。公明党は集団的自衛権の行使容認に慎重だが、限定容認論を選んだ同党支持層は7割近くに上り、党と支持者の間で考え方に隔たりがあった。民主支持層と無党派層でも、限定容認論はいずれも6割近くに上った。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140512-OYT1T50017.html

(関連)
《【産経FNN合同世論調査】集団的自衛権決裂なら「公明党と連立解消を」6割 行使容認に7割以上が賛意》
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140429/stt14042916000003-n1.htm

事務所よりご案内