2014/04/23 8:58

事務所よりご案内



4月7日から始まり5月16日に開票されるインド総選挙。「グジャラートの獅子」西部グジャラート州モディ首相率いるインド人民党(BJP)が歴史的勝利を収めそうです。日印関係は、安倍首相とモディ次期首相の個人的友情もあり、一層強化される事が期待できそうです。以下、記事抜粋。

《インドと日本を結ぶ意外な友情》

 次期首相と目されるモディと安倍の長年の関係と中国への警戒感が両国の絆をさらに固いものにするだろう

 外交専門誌フォーリン・ポリシー(オンライン版)によれば、12年末に安倍の首相再登板が決まった際、最初に祝福の意を伝えた海外要人の1人が、一介の州首相にすぎないモディだった。同誌のシュレー・バルマは、日本の首相とグジャラート州の首相が電話で話すのは「厳密な外交儀礼に照らせばおかしい」が、「長い年月の中で2人の個人的関係、日本と同州の経済的パートナーシップが育まれてきたこと」を強調する出来事だったとしている。

 日本は外交面でも貿易面でも一貫して、モディを単なる州首相ではなく閣僚並み、さらには国家元首並みに遇してきたわけだ。4〜5月に予定されている総選挙でBJPが現与党の国民会議派を破り、モディがインド首相に「昇格」すれば、両国の絆はさらに強いものになると予想される。

 安倍はモディだけでなく、退任するマンモハン・シン現首相とも友好関係を維持してきた。2期10年に及んだシン政権の下、インドと日本はより緊密な戦略的連携を築いてきた。この背景には、アジアにおける両国の最大のライバルである中国が、経済的にも軍事的にも力を増してきた事実がある。

 ここ数年は、両国の要人が互いの国を訪問している。安倍は野党時代の11年にもニューデリーを訪れてシンと会談を行っている。昨年は日本の天皇皇后両陛下が53年ぶりとなるインドへの歴史的訪問を果たした。

 1月に首都ニューデリーで開かれたインド共和国記念日の祝賀式典にも、安倍は主賓として招かれ出席している。モディの次期首相就任が濃厚になるなか、安倍は今後インドをさらに優遇する可能性が高い。

 インドもその厚遇に応えるだろう。日中関係が領土・領海や北朝鮮などの問題をめぐって悪化の一途をたどるなか、「モディ首相」率いるインドは中国政府をさらにいら立たせる行動を取る可能性が大いにある。インドは今年、マラバル沖で実施する米印海軍合同演習に日本の自衛隊を招待している。また日本から軍用機を調達する意向とも伝えられる。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/04/post-3248.php

(関連)
《インドで「世界最大の選挙」 知っておくべき11のこと》
■ インド人民党と「モディ旋風」
本命は、最大野党でありヒンドゥー至上主義が色濃いインド人民党(BJP)。下院で最多議席を獲得し、歴史的大勝を収める勢いだ。ただ、圧倒的過半数を確保して連立を組まずに政権を樹立できるかどうかは不透明。
http://www.cnn.co.jp/world/35046568.html
《世界最大のインド総選挙、きょうから投票》
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA3601820140407