2014/04/18 9:49

漸く日本企業にも反日独裁国家の「カントリーリスク」が認識される様になったのでしょうか。甘言に惑わされず、この傾向が加速する事を念じます。

《 対中投資47%減 日本企業の中国離れ進む、1~3月期》

 中国商務省は17日、1~3月期の日本から中国への直接投資実行額が、前年同期比47.2%減の12億900万ドル(約1233億円)だったと発表した。中国での生産コスト上昇などに伴って日本企業の中国離れが進んでいることが浮き彫りになった。

 中国は労働者の賃金が年1~2割程度上昇する例も珍しくなく、日本企業は東南アジアなど人件費の安い国に生産拠点を置くケースが増えている。米国や欧州からの対中投資も減った。

 円安で日本企業の海外進出意欲が低下したことや日中関係の悪化も投資額の減少につながったとみられる。「中国から撤退するケースが激増しているわけではないが、新規進出は明らかに減った」(北京の貿易関係者)との見方が強い。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK17012_X10C14A4000000/

事務所よりご案内