2014/03/28 6:01

《比政府とモロ・イスラム解放戦線、紛争終結へ》

比ミンダナオ島で40年以上続いた紛争が終結、自治政府樹立の模様。良かったですね。

以下、記事。

 フィリピン政府と、国内最大のイスラム武装勢力「モロ・イスラム解放戦線」は27日、南部ミンダナオ島で40年以上続く紛争に終止符を打つことを目指す包括和平協定に調印した。

 マニラの大統領府で行われた調印式でアキノ大統領は「ミンダナオの恒久的な変化への道筋だ」と強調。解放戦線トップのムラド議長も「無上の栄誉だ」と語った。調印式には交渉の仲介に当たったマレーシアのナジブ首相も出席した。

 協定には、勢力約1万2000人の解放戦線の段階的武装解除と、現在の「ミンダナオ・イスラム自治区」に代わる新自治政府「バンサモロ(イスラム教徒の国)」の発足が盛り込まれた。

 政府は協定実施のための「基本法案」を4月に議会に提出し、年内成立を目指す。2015年の住民投票で自治政府の管轄区域を画定し、16年6月までに新自治政府を樹立する計画だ。

事務所よりご案内