2014/03/24 13:40

《今の緊迫した隣国台湾の情勢を報じないマスメディアは報道機関として無価値》

 マスメディアは、クリミア情勢は連日報じますが、隣国台湾の情勢、馬政権の強引な「中国による台湾併吞推進経済協定」に学生が抗議し18日から国会等を占拠し、多くの国民が支持している中、警察力による強制排除が始まる、等の緊迫した状況を殆ど報じません。

 台湾人民衆が大陸政党が進めようとする「中国化」に抵抗している状況を、なぜそんなに報じない様にしているのか。我が国のマスメディアの報道の優先順位、価値観が、我が国国民にとって使い物にならない事、ネットの方がよほどニュースソースとして有用である事を、今、マスメディア自身が示し続けています。

 今の既存のテレビ局各局に、我が国国民の公共の財産である電波を割り当てる意味と必要性は感じません。

事務所よりご案内