2014/03/20 17:09

《米国、ウクライナで軍事行動に関与せず=オバマ大統領》

外交素人オバマ。これでクリミアのウクライナ復帰の可能性は、ウクライナとロシアの経済力が逆転しない限り、ほぼなくなりました。
日米は同盟国ですからウクライナとは立場が異なりますが、将来、尖閣諸島が中国に占領された時に、オバマ大統領が同じ態度を取らない様にするため、あるいは同じ態度を取った時に対処するため、今から日本はあらゆる努力をしなければなりません。

以下、記事抜粋。

 オバマ米大統領は、米国がウクライナで軍事行動に関わることはないと発言、外交を通じてロシアとの対立を解消する意向を強調した。

 サンディエゴのKNSDテレビとのインタビューで述べた。

事務所よりご案内