2014/02/28 6:48

《降水観測衛星搭載のH2Aロケット打ち上げ》

おめでとうございます。嬉しいですね。

以下、記事。

 雨や雪が降る様子を宇宙から監視する「全球降水観測(GPM)衛星」などを搭載したH2Aロケット23号機が28日午前3時37分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。

 GPM衛星は15分57秒後に予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

 この衛星は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米航空宇宙局(NASA)が共同開発した。地球全域の雨や雪を宇宙から観測し、豪雨や洪水などの予測に役立てる「GPM計画」で中心的な役割を果たす。

事務所よりご案内