2014/02/17 16:33

《「尖閣侵攻で中国の強さ見せつけられる」ダボス会議中のある会合で発言した中国の“本音”…「世界戦争も辞さず」に凍りついた会場》

戦争は、錯誤に基づいて起こります。我が方に錯誤がなくとも、中国側に、人権や人命軽視の思想「大きな戦争につながっても、さほどひどいこととは思わない」という錯誤があるのであれば、抑止する手段は、「勝てない」「より大きな被害がある」と認識させる事しかありません。

以下、記事抜粋。

 スイスで1月に開かれた「世界経済フォーラム年次総会」(ダボス会議)で、取材にあたった米メディア幹部がぞっとする「影響力を持つ中国人の専門家」の談話を伝えた。この専門家は「多くの中国人は尖閣諸島への侵攻で軍事的な優位を地域に見せつけ、シンボル的な島を確保することができると信じている」と語った。世界大戦の引き金になりかねない話の行方に、周辺は凍り付いたという。

 さらに、尖閣侵攻は日本、中国ほか他の国々に対し、誰が強者なのかを示すシンボリックな価値があるとし、「日米の軍事的な対処で事態が大きな戦争につながっても、さほどひどいこととは思わない」という旨を述べたという。

事務所よりご案内