2014/02/06 2:53

《中国が、尖閣諸島は、台湾省宜蘭県から福建省の一部、と主張を変更》

沖縄対策本部の仲村覚氏が、中国の姿勢の重要な変化を指摘しています。

以下、記事抜粋。

中国は去年までは、尖閣諸島は台湾の宜蘭県の一部だと主張していました。
それが、最近になって、尖閣諸島は福建省の一部だと言い始めたということは、台湾統一より、尖閣強奪を優先する方針に変えたということになります。

事務所よりご案内