2014/01/26 2:32

《根拠なき「慰安婦50万人」主張 中韓連合に在米日本人らが決起》

中韓の「白髪三千丈」同様のデタラメな数字の捏造は、際限なく大きくなっていきます。慰安婦然り、偽南京虐殺然り、戦争中の「被害者数」然り。
「適当な数字で折り合いをつけて相手の嘘の一部を認める譲歩をして収拾しよう」等という「日本的な」愚かな考えは全く通用しません。相手には、その積もりはありません。

真実と正義と名誉を取り戻す為に、立ち上がり戦うしかありません。

以下、記事抜粋。

 全米各地で慰安婦の像や碑が設置されているが、最近、韓国系団体に加えて、中国系団体が前面に出てくるケースが増えているという。日系人や在留邦人らは危機感を強め、反対運動に立ち上がった。国際政治学者の藤井厳喜氏は1月上旬、米カリフォルニア州を訪れ、慰安婦問題の真実を講演するとともに、歴史をねじ曲げ、日本を貶(おとし)めている卑劣な中韓連合の実態を調査してきた。

 まさに、待ったなし緊急事態である。

 韓国系団体はこれまで、慰安婦の強制連行数(=日本の軍・官憲が組織的に強制連行した資料・証拠はない)を「朝鮮女性を中心に20万人」と主張してきたが、世界的に反日運動を展開する中国系の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)は、何と「慰安婦は計50万人、中国人が25万人、朝鮮・韓国人が25万人」と主張し始めていたのだ。

 まったく根拠のない捏造(ねつぞう)数字であり、「慰安婦=性奴隷」説自体も事実無根だが、私(藤井)は1月上旬、カリフォルニア州を訪れて、こんなとんでもない大ウソが大手を振ってまかり通り始めている米国の現実に空恐ろしくなった。

事務所よりご案内