2014/01/25 15:43

《ロシアに新島出現》

日本も西之島が広がりましたが、ロシアは半世紀前に出来た島が見つかりました。

以下、記事。

 ロシアの面積がこの上さらに拡大する。東シベリアのヤクーチヤ沖に新たに島が発見された。面積は500平方米。北極海の一部であるラプテフ海を飛行していたロシアのヘリ部隊が偶然発見した。ヘリ部隊の司令官アレクサンドル・マトヴェーエフ氏は次のように語る。
 「JPSナヴィゲーターで座標をとるよう航空士たちに指示を出した。のち、その座標付近を幾度か通り、また明確な意図をもって島を探しもし、ついに島が実際に存在することを確かめた」

 地理学者によれば、島は半世紀前、海底の地震活動により新たに出現したものらしい。地学的運動は破壊もするが時に建設もする、と専門家は語る。かくして広大なロシアの大地にさらなる500平米が加わったわけであるが土地は「多すぎて困ることはない」。まして化石燃料の宝庫・北極海の島ともなれば。

事務所よりご案内