2014/01/05 20:58

《海流でプロペラ回し「黒潮発電」 和歌山県10年後めど事業化目指す》

海流は巨大なエネルギーですから、期待したいですね。

以下、記事抜粋。

 紀伊半島沖を流れる黒潮の流れを利用した海流発電計画を和歌山県が進めている。海中にプロペラの付いた発電装置を設置し、陸上の風の代わりに海流で回転させて電気を作るという発想。広大な太平洋に面した地理的条件を生かしたプロジェクトで、県によると、本格的な海流発電は国内でも例がないという。5~10年後の事業化を目指し、新たな再生可能エネルギーとして注目を集めそうだ。

事務所よりご案内