2013/12/30 16:30

《東京株、大納会終値は前年比56%上昇し7年ぶり高値 1万6291円》

「総理が靖国を参拝すると、株価が暴落し経済が悪化する」と主張し望んでいた人達がいます。
私は、現実の国際政治経済、国家の国益擁護への意思と経済の相互作用は、その様な左翼思想や浅薄なグローバリズムの想定と異なると考えていますが、当面、株価が上昇し国民の資産が増えている事を嬉しく思います。

以下、記事抜粋。

 2013年の大納会となった30日の東京株式市場は、9営業日続伸した。日経平均株価の終値は、前週末比112円37銭高の1万6291円31銭となった。

 昨年の大納会終値と比べると、5896円高となり、56.7%もハネ上がった。また大納会終値としては、2006年(1万7225円)以来、7年ぶりの高値水準となった。

事務所よりご案内