2013/12/28 19:54

《7割が対日強硬策支持 中国紙が世論調査》

言論弾圧と思想統制、反日教育で国民が洗脳されている共産党一党独裁国家謹製「世論」に屈従する訳にはいきません。

以下、記事抜粋。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は28日、安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、今後の対日姿勢に関する世論調査を発表した。「釣魚島(沖縄県・尖閣諸島の中国名)」を含めた日本との争いで強硬姿勢を維持すべきだ、とする回答が75%に上った。

 68%が「靖国神社を支援する団体や企業に制裁を科すべきだ」、60%が「安倍首相の入国を禁じる必要がある」と回答。安倍首相の参拝については、47%が「極めて憤怒した」、23%が「憤怒した」と答えた。

事務所よりご案内