2013/12/27 19:22

《沖縄知事が埋め立てを承認 辺野古移設 普天間合意から17年、年度内に設計契約》

民主党鳩山政権が無茶苦茶にした米軍普天間飛行場の辺野古移設問題、漸く振り出しに戻りました。

以下、記事抜粋。

 沖縄県の仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事は27日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設に向けた政府の埋め立て申請を承認した。既に承認する意向を固めていた仲井真氏は「承認書」に公印を押した。承認書は配送業者に託し、同日中に沖縄防衛局に届いた。これを受け防衛省は今年度中に代替施設の設計で契約を交わす。平成8年の普天間返還合意から17年で辺野古移設は進展する。

(関連)
《辺野古埋め立て申請承認 民主・海江田代表「後押ししたい」 維新・松野氏も「協力したい」》
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/stt13122718290003-n1.htm

事務所よりご案内