2013/12/20 20:47

《年金記録「解明には限界」…回復額は1・9兆円》

年金記録の全件照合については、麻生政権であった2009年5月11日の衆議院予算委員会の質疑で、当時の舛添厚労相が10年かかると見積もっていたことに対し、次の厚労相となる野党時代の「ミスター年金」長妻氏は、2年間での全件照合完了を強く要求し、年金問題は政権交代の原動力となりました。

しかし僅か半年後、政権交代した鳩山内閣の12月12日、長妻厚労相は「4年で全件照合」という目標を撤回、最終的に照合できるのは半分以下、としました。

以下、同記事。

 厚生労働省の年金記録問題に関する特別委員会は20日、2006年時点で持ち主が不明だった年金記録5095万件のうち、現在も2112万件が未解明であることを明らかにするとともに、「すべての解明は限界的」と結論づける報告書をまとめた。

 報告書は今後の対応について「本人からの申し出と記憶などをもとに調査をしていく方法しかない」と明記した。報告書はまた、問題が発覚した2007年から6年間で年金記録の解明にかかった経費が4013億円に上り、269万人が年金を回復、回復額は計1・9兆円だったことも、明らかにした。

事務所よりご案内