2013/12/20 18:46

《14年度末に原発最大16基稼働で石油需要は8・8%減 エネ研試算》
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131219/biz13121919060023-n1.htm

以下、同記事。

 日本エネルギー経済研究所は19日、2014年度の経済・エネルギー需給見通しを公表した。原子力規制委員会による安全審査が最も進む原発でも再稼働に約9カ月程度かかり、年度末に再稼働している原発は最大16基と想定。その場合でも、10年度と比べ、発電コストは1キロワット時あたり3.5円高く、化石燃料輸入総額も7.3兆円、二酸化炭素排出量も4.1%増えると試算した。

 原発の再稼働に伴い石油の需要は前年度比マイナス8.8%と大幅減となる一方で、天然ガスと石炭の需要は過去最高を更新。エネルギー自給率は10%に改善するが、10年度の18%には及ばないとした。

 一方、電力販売量は、生産活動が回復基調となることで、前年度比0.1%増え、2年連続でプラスになると見込んだ。

核攻撃を含めたミサイル攻撃にも耐え、テロ工作員の潜入を阻止でき、もちろん地震等の災害に損傷せず、万一の事故の際には放射能を密封できる、その様な地下核シェルター内での原発の稼働の検討が、経済並びにエネルギー安全保障上、必要ではないでしょうか。

事務所よりご案内