2013/12/20 11:41

《【首都直下地震・新被害想定】迫る大火、死者2.5倍 「逃げ惑い」厳しく算出》
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131220/dst13122007110004-n1.htm

以下、同記事より抜粋。

 中央防災会議の作業部会が19日公表した首都直下地震の被害想定は、首都機能が深刻な打撃を受ける厳しいシナリオだ。

 新想定で浮かび上がったのは、首都を襲う大規模な火災だ。風速8メートルの冬の夕方に地震が発生する最悪のケースでは、火災による死者は1万6千人で前回想定の2・5倍。都心を囲む木造住宅の密集地で同時多発的に最大2千件の出火が起き、広範囲で延焼する。

 耐震化の効果で焼失建物は前回想定より4割減ったが、四方を火に囲まれて逃げ場を失う「逃げ惑い」を厳しく算出した。

 地下鉄やJR在来線の運行停止で800万人の帰宅困難者が発生。東京湾岸に立地する火力発電所の被災で23区内は5割が停電し計画停電が行われる。

耐震化、避難場所の整備、道路の拡幅…、地道に防災まちづくりを進めるしかありません。

事務所よりご案内