2013/10/22 1:49

《韓国、日本大使館員の国会審議傍聴認めず 「偏狭な反日」疑問の声も》

[国会委員会審議を傍聴しようとした在韓国日本大使館の職員が最近、「日本大使館員による傍聴の前例がない」との理由で閉め出された。傍聴を禁じる決まりはなく、日本大使館側は過去何度も傍聴している。]

[大使館職員はこの日「正規の手続きを経て許可を受け、(傍聴席に)ついた」という。ところが、職員の存在に場内は一時騒然となり、与野党幹事が協議の末「前例がない」とし傍聴を認めなかった。]

[中央日報の日曜電子版「中央サンデー」は(中略)「韓国の外交官も韓日の敏感な事案ほど日本の国会で躍起になり傍聴する。韓国の外交官が回し者扱いされ門前払いされてもいいのか」と指摘した。]

「遺憾の意」や「抗議」では、反省を促すことも再発を抑止することもできないでしょう。相互主義に基づき、当方も粛々と同様に遇する事を示せば良いです。衆参国会議員の先生方の賢明なるご処置を期待…します。

事務所よりご案内