2013/10/08 5:05

《中国、来年の北京APEC 条件付きで馬総統招待へ 台湾に政治対話迫る》

政治・経済・軍事の各面において強引かつ独善的に行動してきた結果として、世界から訝しく歓迎されなくなってきた中国は、来年の北京APECのホスト国である立場を最大限に利用して、「対中包囲網」の構築の阻止と、威信と影響力の拡大を図っていくでしょう。

この中で台湾の帰趨は重要です。元来が親中的な国民党馬政権が、中国の凄まじい軍事的圧迫と短期的な外交的・経済的利益供与に屈し、従来の原則を棄てて主権の一部を差し出す様なことがあれば、アジア太平洋地域全体に甚大な影響を及ぼすことになります。

事務所よりご案内