2013/09/19 2:43

《都が大地震危険度調査 区部東部に「5」集中 壊リスクは減》

[東京都は十七日、震度5強~7の地震が発生した際の「地域危険度」の測定調査結果を公表した。都内五千百三十三の町・丁目ごとに、建物倒壊と火災の危険性、消防救助活動のしにくさ(活動困難度)を調べ、五段階で相対評価した。危険度が高いのは足立区、荒川区、墨田区など区部東部に集中。都内全体の建物倒壊の危険度は、建て替えの進展などにより、五年前に比べ7・5%減った。]

防災対策の基礎データです。

東京都都市整備局 地震に関する地域危険度測定調査(第7回)(平成25年9月17日公表)
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm

事務所よりご案内