2013/05/22 13:39

《【湯浅博の世界読解】「強者の恫喝」印と回避 中国、瀬戸際外交の極意》
「中国は圧力をかけた相手国がひるみ、国際社会が反応を示さなければ、なお理不尽なやり方で自国の利益を拡大しようとする。19世紀帝国主義の行動様式に一致する。」
その通りです。そうであればこそ、有効な対処の方法も明確です。

事務所よりご案内