ユ・チャンワン(青木政明・韓国籍)東京エムケイ社長、4度目の暴行・傷害事件

エムケイ(タクシー)。1960年、兪奉植( ユ・ボンシク 通名青木定雄)創業。東京エムケイ社長ユ・チャンワン(青木政明・韓国籍)の暴行・傷害事件は報道されたものは4度目。逮捕・書類送検の度に一旦社長職を退く。エムケイ各社は数々の賃金未払い訴訟敗訴のブラック企業。

◇ ◇ ◇

《東京エムケイ社長、タクシー運転手の顔に靴投げつけ 容疑で逮捕…社長辞任へ》
2017.12.21 産経新聞

乗車を拒否されたタクシーの運転手に暴行を加えたとして、警視庁愛宕署は21日、傷害容疑でタクシー会社「東京エムケイ」社長で韓国籍のユ・チャンワン容疑者(54)=東京都港区=を現行犯逮捕した。同署によると、ユ容疑者は当時、酒に酔っていたといい「覚えていない」と容疑を否認している。
東京エムケイは同日、「関係者に多大なご迷惑をお掛けしたことをおわびする」とのコメントをホームページ上に掲載。ユ容疑者が社長を辞任する意向を固めており、近く必要な手続きを進める方針を明らかにした。
逮捕容疑は21日午前0時ごろ、東京都港区新橋の路上で、乗車を拒否した個人タクシー運転手の50代男性の胸ぐらをつかんだり、脱げた男性の靴を顔面に投げつけるなどして、顔や胸に打撲などのけがを負わせたとしている。

写真:東京エムケイがホームページ上に掲載したおわびのコメント 東京エムケイがホームページ上に掲載したおわびのコメント

MKタクシー_-_2017-12-22_19.21.03

http://www.sankei.com/affairs/news/171221/afr1712210053-n1.html

事務所よりご案内