守る。

また、「自衛隊を軍隊にすると戦争になる」「子供を兵隊にしてはならない」と言う人がいました。

自衛隊を軍隊にしなくても、子供を兵隊にしなくても、外国が日本を攻撃する時は戦争になり、子供も殺されるのです。

抵抗の仕方も知らずに殺されるか、少しでも抵抗して被害を減らせるかの差だと分からない。

戦後、日本人は、有史以来最も馬鹿になりました。

日本海に面していないのに、戦闘機や爆撃機を侵入させ始めた共産中国の目的は何か。そこで戦争をする準備以外には無い。そして共中は、世界で最も武力行使の閾値の低い国です。

◇ ◇ ◇

《中国軍5機が対馬海峡を通過 戦闘機は初 空自機がスクランブル 韓国軍機も》
2017.12.18 産経新聞

防衛省統合幕僚監部は18日、中国軍のスホイ30戦闘機など計5機が同日、東シナ海から対馬海峡を通過し日本海を往復飛行したのを確認したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。領空侵犯はなかった。中国軍の戦闘機が対馬海峡を通過して日本海に飛来したのは初で、防衛省で目的を分析している。

統幕によると、5機はスホイ30戦闘機2機とH6爆撃機2機、TU154情報収集機1機。東シナ海から対馬の南方を通過して日本海へ抜けた後、同じルートを引き返した。中国軍機が同ルートを飛行したのは、今年1月にH6など計8機が確認されて以来となる。

また、バシー海峡から飛来した中国軍のY8電子戦機が沖縄本島と宮古島間の上空を抜け、中国本土方面へ飛び去ったのも確認された。空自の戦闘機が緊急発進して対応した。

韓国軍合同参謀本部も18日、中国軍機5機が韓国と日本の防空識別圏に侵入し、韓国の複数の戦闘機が緊急発進したと明らかにした。中国軍機の韓国の識別圏への侵入は今年1月に10機余りが飛来して以来。

聯合ニュースによると、5機は中韓双方が管轄権を主張する韓国南部の岩礁、離於島(中国名・蘇岩礁)西南から韓国の識別圏に侵入。日本海上の日本の識別圏で旋回し、再び韓国の識別圏を通って中国側に戻った。韓国軍の警告に対し、中国側は「日常的な訓練であり、韓国の領空には入らなかった」と応じたという。

写真:対馬海峡を通過したことが確認された中国軍のH6爆撃機(左)、TU154情報収集機(中)、スホイ30戦闘機(右)(防衛省統合幕僚監部提供)

http://www.sankei.com/politics/news/171218/plt1712180046-n1.html

中国軍5機が対馬海峡を通過_戦闘機は初_空自機がスクランブル_韓国軍機も_-_産経ニュース_-_2017-12-18_23.15.52

中国軍5機が対馬海峡を通過_戦闘機は初_空自機がスクランブル_韓国軍機も_-_産経ニュース_-_2017-12-18_23.12.12

中国軍5機が対馬海峡を通過_戦闘機は初_空自機がスクランブル_韓国軍機も_-_産経ニュース_-_2017-12-18_23.12.33

事務所よりご案内