吉田康一郎ツイッター 吉田康一郎フェイスブック

日本のこころ 吉田康一郎の公式サイト

コンテンツ
プロフィール
政策
議事録
動画アーカイブ
吉田康一郎の書棚
連絡先
リンク
吉田康一郎事務所からのご案内
ボランティア募集
インターン募集
警視庁防犯メールのご案内
中野区落書き消し隊
個人献金のお願い
過去の活動
活動日誌
都議会レポート
救う会全国協議会 めぐみさんたちは生きている!
特定失踪者問題調査会
チベットに自由を FREE TIBET
東京都尖閣諸島寄付金について
産経新聞に、吉田康一郎が質疑した内容に関する記事が掲載されました。

2012年10月24日付けの産経新聞に、都立病院に関して吉田康一郎が都議会で質疑した内容に関する記事が掲載されました。

「都立8病院 未払い治療費 外国人分2割超」という見出しで、都立病院の未払い治療費に関するものです。

吉田康一郎は2011年11月14日に都議会公営企業決算特別委員会の質疑で、都に外国人治療費未払いの実態を究明するよう求めました。その結果、都は平成22年度以降、外国人の未払いを集計し始め、今回産経新聞で報じられた状況が明らかになりました。

都立8病院で未収となっている金額は平成23年度末までの累計で11億4923万円です。
そのうち外国人による金額は2億5444万円で、全体の22.1%を占めています。
都立病院における外国人の受診者は全体の約1%であるのに対し、未払い金額が全体の2割を超えています。

患者が不法滞在者でも急患などでは診察前に確認するのは困難ですし、医師法で診察拒否はできないことになっています。
大使館に相談しても「払えない」と回答されるだけで、そのまま都民の負担となっています。

詳細は下記よりご覧いただけます。↓
産経新聞 10月24日記事
公営企業決算特別委員会 2011年11月14日 議事録


2011年11月14日 公営企業決算特別委員会より

手焼きどら焼 道楽や
東中野の美味しいドラ焼き屋さんです
熊埜御堂耳鼻咽喉科
喉が潰れるとお世話になっています
© 2010 koichiro Yoshida